2014.04.05

webフォント

letter podの美しさの基盤となるのが、書体です。
回転させることにより、文字と意味が切り離され、フォルムがより強調されるため、
使用するフォントの種類はとても重要になります。

最終的には20ほどの書体の中から、ユーザが選択できるようにしますが。
大変なのが、その20の書体を選定する作業が必要。
これがなかなか難しく、定番書体から、個性的なものまで、
バランスよく選ばなければなりません。

また、システムに組み込むため、画像ではなくwebフォントを使用します。
このページだけ他と比べてやたら重い理由はそれです。
下に選定した20以上のフォントを全てwebフォントで並べているからです。

webフォントはさまざまなサービスがありますが、
今回はAdobeのTypekitというサービスを使いました。
CCに入っていれば使えるのですが、このサービスはヤバい。
1000近くの書体が使い放題です。欧文しかないので、
普段なかなか使いにくいですが…。
下記、全部webフォントです。選択できます。

Helvetica

Helvetica Condenced

Futura PT

Futura PT Condensed

Myriad Pro

OCR-A Std

CarbonType

Cooper Black Std

Shuriken Std

Times

Adobe Garamond Pro

Adobe Caslon Pro

LTC Bodoni 175

Trajan Pro 3

Brush Script Std

Bello Pro

Bickham Script Pro

Giddyup Std

以上一旦18種類を選定しました。
表示されているものに加え、ウェイトやイタリックも使えるようにします。
ただ、Typekitになかった書体で、どうしてもZapfinoとRockwellは使いたい…。
別サービスで追加料金かかるんだよな…

Categoly : program